Now Loading...
Now Loading...
facebook instagram

思う存分「福豆」を投げて、
鬼を倒そう。鬼と遊ぼう。

立春の前日である2月3日、年齢の数の福豆を食べ、豆まきをすることがこの季節の楽しみな行事となっています。
子どもにとっては「豆を食べる」「豆を投げて鬼を退治する」ことがちょっと怖くて おもしろいイベント感いっぱいの体験に。キッテオッテでは、いつもの節分に少し趣向を凝らし、さらにお母さんたちの 手間を考えた節分アイテムを用意しました。みんなで楽しく鬼を退治して「福は内」の春を迎えてくださいね。

散らからない福豆パック

散らからない福豆パック

豆まきはしたい!けれどまいたあとの片付けが大変…。そんなお母さんたちにうれしいテトラパック型の豆まきアイテム。しっかり封をしておけば、福豆が散らからないので思いっきり投げさせてあげられます。桃太郎のキャラクターをモチーフにした6種のデザインが節分をにぎやかに飾ります。

作り方・遊び方を見る

4つの顔の鬼たいじマト

4つの顔の鬼たいじマト

散らからない福豆パックを鬼の顔のマトに当ててパタンと倒して鬼退治。泣きむし鬼に、おこりんぼ鬼、こわがり鬼に、いじけ鬼…。4つの鬼を倒したら、それぞれに点数が出てくるのでお友だちと一緒にゲーム感覚で遊べます。

作り方・遊び方を見る

赤鬼・青鬼 リバーシブルお面

赤鬼・青鬼 リバーシブルお面

赤鬼には「鬼は外!」と福豆を投げて、泣いてる青鬼になったら投げないルールで遊べる赤鬼と青鬼のリバーシブルお面。いったん豆を投げ出すと大人が驚くほど止まらなくなるのが子どもたち。テンションMAXになりすぎないように鬼の顔をよく見て遊ぼう!

作り方・遊び方を見る